お葬式の流れはどうやって進むの?

皆様はお葬式についてどれほど知っていますか?
遺族であれば悲しみにくれる間もなく、バタバタと葬儀の準備をし、また参列する側では、故人との別れを悲しみ、あまり深く葬儀について考えるということはないかもしれません。

葬儀は、故人の霊をなぐさめ、最後のお別れをする大切な儀式です。
その流れには様々な意味合いがあるのです。
人は死後すぐには霊として扱われます。
霊は通夜や葬儀の間、仏になる準備をしていると言われ、四十九日を迎えると仏様になると言われています。

葬儀の流れには、故人とのお別れの儀式という意味も勿論込められていますが、故人が仏様になられる段階でもあるのです。

一般的な葬儀の流れは、まずお通夜があり、次の日に告別式となりますよね。
通夜には故人の魂を鎮める意味合いがあり、その日は一日中近親者で蝋燭の灯や線香を絶やさないようにします。

最近では、葬儀に参列出来ない方が故人に最後の別れを告げる場としても通夜が使われています。
そして告別式の日には、故人との別れを惜しむ場としてもうけられています。

通夜でも告別式でも、僧侶からの経読があり、焼香を済ませます。
そして故人に最後の別れを告げ、出棺となり、火葬されるのです。
そして精進落としをし、近隣やお世話になった方へ遺族が挨拶に回ります。

これが一般的な葬儀の流れで、この後、四十九日までの法要などが親族で行われます。
そして四十九日を迎え、やっと故人は霊ではなくなり、仏様としてあの世へ逝かれるのです。

葬儀の流れを悲しみのものだけにせず、このように考えてみると、故人への気持ちもそうですし、自分の悲しみを落ちつかせることが出来、生に対しても深い関心を持つことが出来るのではないでしょうか。
遺族の立場では、葬儀の進行を進め、無事終えることに必死になってしまうとはおもいますが、葬儀はこのような段階であるという意味を知り、しっかりと故人を送り出してあげられたら良いですね。

Copyright (C) 最後の儀式 All Rights Reserved.